2006/01/26

雛人形


ハッチはもうすぐ「初節句」です。
どこから情報漏洩しているのかハッチ宛で雛人形のDMがよく届きます。

shoeses.jpg 真多呂人形カタログ

ウニは真多呂人形(↑)の雛段飾りを持っていました。
結構伝統もあり、お高い人形らしいんだけど
ウニは自分の雛人形達がどうも好きでなかった記憶があります。
それは、お友達の家でみる雛人形はスッキリスマートでカッコイイのに
真多呂人形というのは「冗談でしょ?」ってくらい丸いんです。丸過ぎるんです。
近所に膠原病のおばさんが居たんですが、そのおばさんにそっくりでした。
だから全然大事にしていなかったし、雛祭りにはしゃいだりもしませんでした。
「そいえば私の真多呂って、どうなった?」とウニママに聞くと「あるよ。一応」
と出されたのは、首曲がってる・髪カツラのように装着自在・小物紛失状態
の親王達だけ(しか残っていません)でした。あらら。

真多呂会館を調べ、雛達復活の相談をしてみる事にしました。
なんてゆうか…あるのに買うのもなぁ〜ってのと、あってもこれじゃあねぇ〜ってのと
そんなところです。

修理とか小物の買い足しは可能らしいのですが、雛人形というのは
「その子」の厄除の由来があるとの事でした。
平安時代は流し雛≠ニいって、無病息災を願って(託して?)河に流すスタイルが
始まりで、要するに身代わり地蔵みたいなもんかと理解してみたのですが
だから身内で譲り受けたり兼用したりは、本来の意味からすると好ましくないです
と丁重に「ケチケチすんなコノヤロー」と言われてしまいました。

人形屋の言う事だからなーーと「ふ〜〜ん」程度に聞き流していたんですが
今回のスポンサー・ウニママに「だってーー」と報告してみると
「アンタの厄がハッチにまわったら可哀相」とか言いだし、え?そうなの??と
呪いの人形みたいになったウニの真多呂達をみて、え?それでそんななの??と
まぁばぁば≠ェカワイイ初孫の為に新調してくれるというのなら
有り難くご好意に甘えちゃえーー♪と近々偵察に行く予定となりました。

御役御免となったウニの真多呂達は、神社とかで焼いてもらうのがいいのかしら?
とゆうか、結婚して母になったらいらないモノなのかしら?
「女の子」と自分を称していいかどうかも微妙だしね。


ところで今年版の真多呂人形カタログをみると、以前程、昔程、ウニの程
「丸さ」がなく、ソフト路線に転向した様子がうかがえます。

もうすぐ火あぶりが決定したウニの真多呂達はこんな有り様です。
MATARO1.jpgMATARO1.jpg
MATARO2.jpg

怖っ!というか悲惨!!ですね。魔太郎だね。ごめんね。

posted by ウニ at 21:14 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | ハッチとの日々
Thanks♪
そうでした。初節句だねー。

このブログでお雛様のお下がりがいけない事を知りました。
なので、私はお下がりを20年以上使い、神社に収めたんだけど、何事も無く無事ですよ。

どこで買おうか悩みます・・・。
Posted by sato at 2006/01/27 08:50
こんにちは、ウニさんブログ復帰していたのですね、良かった〜♪術後しばらく覗いていたのですが、変化無く、調子悪いかな〜と心配していました。ひな人形ですが、姉妹3人にお使えした7段飾りが、どういうわけか我が家の押入の天袋にいます。いつかは、人形供養にお願いしなくては、と思ってます。ウニ家のお雛様は結局どこへ行くのですか?(こんなのもあります、★明治神宮人形感謝祭・「人形の日」(10月15日)に最も近い日曜日)   
Posted by よねよね at 2006/01/30 23:23
>satoさん
そうだよー。ヤヤちゃんもだよね。
まぁイケナイ≠ニいう程でもないんだと思います。
代々受け継がれ〜 だと人形屋も商売になんないしってトコ?
そこに乗っかって我が家は買ってしまいました。

>よねよねさん
blog、ボチボチ復活で…す… 更新は気まぐれ!
身体の方はもぅすっかり絶好調なのでご心配なくです。
ウニの真多呂は、どうしますかねーー。人形感謝祭で盛大に
火あぶりも悪くないですね。検討してみます。
間違っても燃えるゴミに出さないようにしたいものです。
Posted by ウニ at 2006/02/02 02:41
send a message
name

mail address

Homepage address

message

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。