2006/02/14

都会の育児


春の陽気に誘われて、フラフラと公園デビューをしてきました。
ハッチ自身の足で歩いて行き、園内をハイハイしたり歩き回ったり、砂場でも遊んだり
他の子とちょっぴり戯れてみたり…そんな意味でのデビューです。

家の中で使っていた手押し車を思い切って屋外に出してみました。
すぐに机やラグに引っ掛かってしまう部屋仕様と違い、どこまでも進める&方向転換も自在
な屋外仕様にしたとたん、ハッチの顔つきも輝かんばかりです。グングン歩きました。
なぜか子供の声がする広場へ直進し、途中からはハイハイで四方八方に動いていました。
時折不安気にコチラを振り向くのですが、目が合うと万歳をして、また他のエリアへ進出
していきます。頼もしいかぎりだ。
だけど動く<<Cンで遊ぶ≠チて感じではない様子を不思議な気分で観察していました。
それともう1つ違和感を覚えたのは、母さん達がみんな小ギレイだなぁーって事です。


ダーリンの希望通り、広場についたら靴も靴下も脱がせ裸足にしていました。
大地が暖かい・冷たい・柔らかい・固い…などなどいろんな情報を足の裏で感じる事は
とても大切だと思っているし、なんかそんなんで遊べる期間も人生のほんの数年な気がして。
日本で、大人で、裸足 はちょっと変な人でしょ?でも子供ならアリだねって。
でも裸足で動き回るハッチをみていて思ったんです。
「整備され過ぎている」
と。東京の住宅街の公園にそれを求めるのも無理な話ですが、ここでハッチが足の裏から
得られる情報に意味があるのかな?ハッチは興味を持ち続けられるのかな?
そう感じました。
生きている大地はきっともっと違うんだろうな。木や草や空や空気の音・ニオイ・形・色…
きっともっと、ホントは違うんだろうな。
昔ある人が「本物のきゅうりは緑色なんかしていない」と言った言葉を思い出しました。

東京でも首都圏は「マジで少子化なの?」と疑いたくなるような母子人口です。
定員20名の区立幼稚園に、今年は3桁の応募があったと役所の人が言っていました。
畑や空き地を潰しての巨大マンションもいっぱい乱建しています。
ウニの住む地区周辺は子育てに良いみたいなイメージで人気があるようです。
そうやって集まった&もとから居るファミリーの子供達は、キレイかもしれないけれど
いわゆるフェイクな空間を屋外と認識して育っていくんだなぁ〜…と思ってしまい
ちょっぴり気の毒になりました。
昼間の公園で、こんな事を考えながら子供を見ている母親なんて面倒臭いですね。

でもウニも知らないからなんです。
旅行をしては空の青さ大きさにいちいち感動し、空気の澄んだ場所では(なぜか逆に)
息苦しくなるし、水の音を聞けば怖い≠ニ怯え、道路のない大地でどう歩いていいか
わからない。ウニパパが千葉の田園に別宅を建てた時、朝は東側の和室に、昼は南向きの
リビングに、夕方は西向きの寝室に「1日中陽があたるんだよ!」と感動しながら
ある友人に言うと「当たり前じゃない?」と普通に返され絶句した事があります。
1日中家に陽があたるなんて、20歳過ぎて生まれて初めての感動だったのに…。

ウニもそれなりに、木登りや雑木林探検や道ばたの草花を食べてみたり水たまりを
飲んでみたり、やった方だと思っています。目黒区にも当時は手つかずの空間が
点在していた記憶があります。だけどやっぱ敵わない。
本物が与える感触は、子供はもちろん大人になった今でも些細な事に気づいたり
興味を持ったりするものです。

とりあえず大いに動き回るけれど、そこには遊具や子供達ばかりで、気持ち程度の
草木とわずかに見える春の空の下で、ハッチは裸足で何を感じていくのかな?
しばらくは楽しめると思うけど「外ってこんなもん」じゃ、ないらしいよ!って
ウニもハッチと共に感じていきたいと小さく整備された公園で思いました。
そして遊歩道脇の水深5ミリの小川に向かって、うつぶせで30分くらい水流を眺めて
いるハッチをあぁ水底は透明のビー玉なんかじゃないんだよ…ホントはね…≠ニ
ママチャリなんかに思いを馳せるより前に、ウニが考えられ行動できる事は
なんだろうなーと考えていました。

☆〜

そんな風に、中途半端にワイルドに遊ばせているので
ハッチがウニに抱け〜≠ニ主張する時、結構奴は汚いです。膝にも足の甲にも
もちろん手の平も泥だらけ&砂だらけ。一瞬「うわっ」と思うものの構わず抱ける
ように大事なジャケットや服は着ないようにして公園に出掛けます。ハッチにも
題して「チャッキー仕様」な、ジーンズのオーバーオール+上着+靴を、西松屋で
全部で2000円くらいで揃えました。
しかし公園で思ったのは、母さん白いダウンに白いパンツって…?!プラダって…?
シャネルって?春だから?彼女にとって汚れOKファッションなのかな??
子供は子供で遊んでるんだから関係ないって事なのでしょうか。
午前中の公園で遊ぶような年齢の子供達でも、親の役割は監視でOKなんでしょうか?

天然物が乏しい都民だからこそ、せめて公園くらいでは努力して手に入れたいTPO
があります。そして街に住む楽しさと喜びは中高生くらいから?終電なくなった〜な年齢
くらいから?実感できるものです。ウニの思う粋と野暮はこんなところです。

ウニハッチが自然と向き合える日と、ウニが昼間から毛皮で出歩ける日は
まだまだ遠い道のりのような気がしています。

posted by ウニ at 21:57 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 育児を考える
Thanks♪
う〜ん。偉く考えさせられました。
どっつかと言うと、ホヌの家の周りも綺麗系とワイルド?系に分かれるかな。私も、わんぱくに育ったせいかゴンやポンがかわいそうでなりません。
昔はザリガニなんて近くの川にいて捕ったけど、今は「中に入って捕ってはいけません!」だって。それは危ないから。確かに、危ないこともあるけどそれを多少経験しながら色々学んできたような気が・・・
ゴンの幼稚園でも学年によって全然ママ層が違うんだよね。ゴンのいる年長はホヌ的な人が多いかな。けど、年中・小は「連絡網は個人情報保護法に反してる!」だとか、「新築中の園舎の耐震強度は?」などなど。けど、日頃子供を見て緊急時に自分の子以外にも怒ってくれたりしてくれるのは見た目は柄の悪そうなホヌ達ママなんだよね。
だから、今は全てに「危ない」とか「汚い」とか違う目で見られたりもするけど私はあえて、そこのところを教えていきたいなぁ〜と思ってるんだ。
あれ?書いてるうちによくわからなくなってきたけど、とりあえずホヌも同じ考えを持っていると思って!
育児楽しもうね(^_^)v

Posted by Honu at 2006/02/14 23:55
楽しそうに育児されてるみたいですね。
うちの近所でも子どもがたくさんで、公園にいけば子どもだらけ。
ほんとに少子化?って思いたくなります。
Posted by hiroshi at 2006/02/15 03:08
都会の子育ては そういう風なのかぁ。
私の住む田舎町は ほんとうにびっくりするくらいの少子化で
近所の保育園の年少さんはなんと3人!
歩いていけるところに ヒナタと同い年の子はいません。
自然の豊かさだけは 誇れるけれど
ふつうに道路でお猿さんを見ると ちょっと気が遠くなります・・・。
びっくりするくらい静かで 四方を山に囲まれて
夏の夜の星空は 天の川が見えます。
そんなとっても田舎の我が家に ウニハッチさまいつかおいでくださいね。
キャンプだホイホイホイ!
Posted by ツボミ* at 2006/02/15 22:06
>Honuちゃん
いろんな人が居るのと同じで、いろんな母さん(親)が居て
いろんな育児哲学があるから人間って厄介だよね。
ウニはHonuちゃんに比べたら、まだまだ経験不足だし
王子や姫への接し方を見聞きして「なるほど〜」「さすが〜」
って「でも怒り方はちょっと怖いぞ」って思っているよー(笑
怒る事も、危ない!汚い!も、目線をどこまで子供と同じに
近づけて行動できるかなんだろうなって、これは育児に限らず
対人関係そのものの考え方だよね。そこから思いやる心
他を理解する心≠煦轤゙んもんだとも思ってる。
だから怒る方にも必要なんだよね。自分の都合じゃなくってさ。
「なんであの時、あのおばさんはあんなに自分の事を怒ったんだろう?」
って、いつか子供は思うもの。
そんな時、素直に相手の立場を考えられるか?それとも
自分は悪くないのに!(ってママも言ってたしっ!)と
自己完結させて開き直る親子になるか…。
知る前から抑制された子は「なんだかよくわかんないけどダメ
って言われたし危ないらしいよ…」と消化不良の感情を持ち続
けるんだろうね。とりあえずウニ自身が何でもやってみたい!
そして褒められたい!なんなら怒られたい!その後に生まれる
自分の言葉が好き♪自信が好き♪言い訳も楽しい♪後悔もあり♪
そんな無駄にポジティブな生き様をハッチにもみていて欲しい♪
それが教師となるか反面教師となるかはハッチが決めればいい。
だから対極母さん族も、ある意味いい手本だね!
多分Honuちゃんは、同じ方向性の母さんだとウニも思っていますよ。

>hiroshiさん
はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
少子化少子化言われても、場所により疑わしい限りですよね。
hiroshiさんのとても学術的blog…なんとかなるさー≠ニか
言ってる私は恥ずかしいです。図書館のように通わせて頂きますね。

>ツボミ*ちゃん
ここにはないものが沢山ありそうで、ウニは羨ましい。
天の川ってホントに実在というか肉眼で見られるものなんだ!
キャンプは楽しむというより戸惑う派、だけど、いつかツボミ*
ちゃん家に本当に遊びに行きたいな。素敵そうだしご飯美味しそうだし…(ケーキ作ってーー)
でもコメントを読む限りでは、少子化も事実なんですねー
ウニは試しに、平成19年度4月始まりのA幼稚園入園状況を
調べてみたら平成18年2月現在で「予約枠受付残り5名」って
出ました。えええーーー??
しかもクラスによってはキャンセル待ち状態…。
もうわけわかんないですね。


Posted by ウニ at 2006/02/17 01:49
send a message
name

mail address

Homepage address

message

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。